大量発注でよりポケットティッシュを安く
2017.04.24

柄のポケットティッシュ「ポケットティッシュが激安で購入することができる」
このような時代になっているわけですが…当然、少量よりも大量の発注をした方が、さらに安くすることができます。
費用対効果との兼ね合いになってきますが、可能な限り多くのポケットティッシュを発注したいところ。
では、何故、大量発注をすると安くなるのか?について触れつつ「安さ」をテーマに少しお話をしていきます。

■業者側も大量発注は非常にありがたい(薄利多売)

ポケットティッシュを販売して業者にとっても、大量発注は望むところです。
見出しにも記載した通り、むしろ「非常にありがたい」と考えています。
したがって、購入する側は、少しでも多くのポケットティッシュを購入して安くするとよいでしょう。
そもそも、ポケットティッシュは単価が数円という非常に安いアイテムになります。
そこから利益を上げないといけなくなるため…薄利多売の世界で、なかなかシビアな状況となっています。
このような状況で、大量発注があれば、業者が手放しで喜ぶ姿は容易に想像することが。
まずは、この大量発注についての、ちょっとしたお話をさせて頂きました。

次からは、大量発注と安さについてのあれこれについて触れていきます。
安く購入した場合について、ちょっとした知識を身に付けていきましょう。

■値段は1円代にすることも可能

大量発注をすることで、どれくらいの単価になるのか?
最安値は、1円代になることも多々あります。
1.99円だったり、1.60円だったりと。
非常に安い状況と言えます。
少し前までは、3円でも安かった時代だったため、昔を知る人は「そんなに安くなったのか!」と驚いてしまったかもしれません。
ともあれ、今では1000個程度でも、かなりの安値で購入することができるため、しっかりと購入個数を吟味して決めていく必要があります。
安くできる理由は、単純明快で、大量になればなるほど、余計な出費を抑えることができるため、それが料金に反映されることに。
例えば、1000個を10回に分けて発注する場合と、10000個を1回で発注する場合、人件費が掛からないのは後者です。
同じ個数でも、発注までの手間が省けますから。
これが安さのカラクリとなります。

■「安すぎる」というケースは注意を!

さて、大量発注で安くできることが可能になることは理解して頂けたかと。
しかし、安くなりすぎるのも注意をする必要があります。
「安かろう悪かろう」の精神です。
品質の悪いポケットティッシュの場合、渡された人に悪印象を与えてしまう可能性もあります。
安すぎる場合は、必ず品質を確かめるようにしましょう。

▲ ページトップへ